神大生たちのはぁはぁ

大学院生の本気をご覧ください。

4年間塾講やって分かった、伸びる子の3つの共通点

こんにちは、たっくまです!

 

中学生、高校生の塾講師を4年間続けてきた中で見つけた、伸びる子の共通点について話したいと思います。

今成績が伸び悩んでる人も、もっと上を目指したい人も、勉強を伸びる人はみんなやってる方法を試せば成績がアップするかも!!

 

主導が生徒にある子は伸びる

f:id:butabu1228:20170215154640j:plain

個別塾で先生をやっていた時、100人以上生徒を見てきて分かったことは、伸びる子は自分の計画を作って、それを守ってたということです。

限られた授業時間の中で、「先生がここをやろう」って言うのを受動的にやるのは勿体無い。個別塾のほとんどの先生が、大学生のバイトで行き当たりばったりな授業をしてる。だから、先生任せで勉強しててもなかなか伸びない。

 

勉強ができる子や伸びていく子は、「これやりたい!」「ここ分からん!」「これってどういうこと?」みたいな感じで、自分からどんどん食いついてくる。

こうなる為には、前もって自分が一人で勉強をする時間が必要。1人の力で取り敢えずやってみないと、分からないところも分からないし、どこをやらないといけないかも分からなくなる。

取り敢えず、やってみる。そうする為の最低限の忍耐力を持っておきましょう!

 

目的をはっきり理解している子は伸びる

f:id:butabu1228:20170215154723j:plain

先生から「英単語を10回ノートに書いて練習しましょう」っていう宿題が出たことありませんか?

こんな感じの宿題って、僕はゴミのような宿題だと思うんです。時間の無駄すぎ。この宿題で英単語を覚えられる人は、なかなかいない。目的が書くことになってしまってるから。

大事なのは、「書くために単語を書くんじゃなくて、覚えるために単語を書く」と言うこと。覚えることが出来るんなら、書かなくても良いと思う。手を動かして、頭は動いていないっていうのだけはほんまに辞めよう。

 

勉強する前に考えるメタ思考が出来る子は伸びる

f:id:butabu1228:20170215154812p:plain

まず、メタとは1つ高い次元のことを言います。例えば、「メタ認知」とは自分が認知していることを認知しているということです。

勉強をする前に、勉強をどう認識していて、どうすれば勉強ができるようになるのかなどを考えられる子は伸びるということです。

「これはこう覚えた方が効率が良いかも」「毎朝起きて10分は勉強しよう」「自分が今どういう状況にあって、何を勉強しないといけないのか。」「この勉強は将来必要だからやる」などを考えられる子は伸びます。狭い視野で勉強だけを見ている子は勉強が嫌になるし、効率も悪いままです。

これが1番大きいかなと思います。社会に出てもこのような思考が出来る人は強いです。

 

 

勉強は自分次第で楽しいものにも、辛いものにも変化すると思います。

自分なりの楽しい勉強方法を見つけて見ましょう!